着物コーディネート“6月の帯” 八寸の名古屋帯 または 夏帯を締めます

着物コーディネート“6月の帯” 八寸の名古屋帯 または 夏帯を締めます

6月は単衣を着ます。それに合わせる帯は、八寸の名古屋帯、または夏帯を締めています。初夏のような暑さであれば迷わず夏帯を、25℃くらいなら八寸の名古屋帯にしたりと、その日の気候に合わせて決めています。6月に夏帯はまだ早いのでは?と思われるかもしれませんが、30℃近くになればもう夏と同じ。ルールにとらわれずに臨機応変に楽しめばいいと思います。

八寸 名古屋帯

薄手で軽くしゃっきりとした風合いの洒落帯の博多帯は、単衣の時季には特に締めていて心地がいいです。博多帯と言えば献上柄のものが多いように思いますが、個性的なデザインの柄もよく見かけるようになりおしゃれの幅が広がります。

こちらも博多帯で、白地に淡いグラデーションで見た目が涼やか。6月に締めたくなるデザインです。帯揚、帯締は夏物でOK!襦袢も夏物に。

デザイン違いの博多の八寸名古屋帯。

こちらは捩り織りで少し透かし目があり軽くて通気性がいい八寸名古屋帯です。春や単衣の時期にぴったりの帯だと思います。

きものと舞う 着付け

 

夏帯

透け感が少ない絽塩瀬や絽綴れが締めやすいと思います。夏柄のものは6月後半〜8月がより好ましいと思います。幾何学柄や古典柄は6月〜9月まで締めることができます。

6月後半になると、季節の先取りのお洒落を楽しみたいので、夏の柄の帯を締めます。襦袢・帯揚・帯締も夏物で統一します。

きものと舞う きもの

若静和 着物

 

 

夏物を取り入れ季節の移ろいを感じるのも着物ライフの楽しみですね!

こんな記事もいかがですか?

The following two tabs change content below.
miwako iai

miwako iai

大阪出身八尾市在住。デザイン事務所や広告代理店を経て、今は家業を手伝いながら好きな“きもの”もお仕事にしています。洋服も好きだから、きもの&洋服ライフを楽しむ日々。日本舞踊を15年お稽古したり、伝統芸能にも興味あり。日本の美しさを大切にしていきたいです。

生徒募集中!「着付け」「所作」のお稽古を始めませんか?

「きものと舞う」<八尾><大阪市内>
TEL:o9o-6737-0773

Mail:info@miwako3.com

<すべて、完全予約制・プライベートレッスンです。>