着物コーディネート”6月の気候にむいてる単衣” 着物の中と小物は夏物にスイッチ。

6月は単衣を着るのですが、日中の気温が20℃後半と暑くなったり、梅雨に入ると雨も振り蒸してきます。そんな6月は「大島紬」の単衣をよく着ています。

シャリっとた軽い生地が、肌にまとわりつかず、暑さやジメジメする気候も過ごしやすくしてくれます。大島紬は雨コートにできるくらいなので、多少の雨も平気です。色も薄めのものを選ぶと、見た目も涼しげになりますね。6月からは着物の下に着る襦袢、帯締・帯揚も夏物にスイッチしてより涼しげに。

きものと舞う 着付け

 

 

夏用の紋紗の半襟。

きものと舞う 着付け

6月と9月の単衣の時期だけに用いる楊柳の半襟もよりお洒落度が上がります。

きものと舞う 着物

6月の帯についてはこちらをどうぞ!

 

大島紬の単衣は5月の暑い日も着ています!気温に合わせて臨機応変に着ちゃいましょう♪

こんな記事もいかがですか?



The following two tabs change content below.
miwako iai

miwako iai

大阪出身八尾市在住。デザイン事務所や広告代理店を経て、今は家業を手伝いながら好きな“きもの”もお仕事にしています。洋服も好きだから、きもの&洋服ライフを楽しむ日々。日本舞踊を15年お稽古したり、伝統芸能にも興味あり。日本の美しさを大切にしていきたいです。