着物コーディネート ”7〜8月によく着た夏着物” を振り返る。湿度が高く暑い日々、どんな着物で過ごしてたのかな…

きものと舞う 夏着物コーディネート

2017年の大阪の夏は、昨年同様とても暑い日が続きました。最高気温35℃という日も続きましたね〜。何より今年は湿度が高かったように感じました。同じ気温でも湿度が高いとじめ〜っとしてより暑く感じます。そんな7、8月も着物を楽しんでいました。

この時季はどうしても汗をたくさんかくので、自宅でお洗濯できる綿と麻の素材の着物をよく着ました。「綿浴衣(コーマ地)」「綿絽の浴衣(透ける織り)「綿紅梅の浴衣(格子織りで透け感がある)」「綿麻着物」「麻着物(小千谷縮み)」など。

気温が高く湿度も高い日には、麻の着物をよく着ていました!「軽い!肌にまとわりつかない!風通しがいい!」。

絹素材の正絹の着物は、自宅ではお洗濯ができないので「今年はコレとコレを着る!」と決めて、着倒してからシーズン終わりに洗いに出します。洗いに出すと1着4,000〜5,000円ほどかかります。洗い代金の節約(夏はどうしても汗をかくので一度でも袖を通すと洗いに出すからです)を考えるとあれこれと何着も着ることを避けるようになります。合わせる帯や小物を変えることで何通りものコーディネートになるので楽しむことはできますよ♪

こうして何を着たかを振り返ると、来年の夏はこんな着物が着たい!こんなコーディネートがしたい!と、次の夏がくるのが楽しみになります!

 

一年で一番好きな着物は「夏着物」なんです、実は♪

 

The following two tabs change content below.
miwako iai

miwako iai

大阪出身八尾市在住。デザイン事務所や広告代理店を経て、今は家業を手伝いながら好きな“きもの”もお仕事にしています。洋服も好きだから、きもの&洋服ライフを楽しむ日々。日本舞踊を15年お稽古したり、伝統芸能にも興味あり。日本の美しさを大切にしていきたいです。