着物コーディネート<ゆかた篇>おでかけ浴衣の絹紅梅♪猛暑でも涼しい着物!

きものと舞う きもの

猛暑が続く毎日ですね…。本日も最高気温36℃!肌を出していると直ぐに真っ赤に日焼けしそうです。こんな時、着物はいいですね!肌の露出が少ないので日焼け防止になります。と、安心していると衣紋(首の後ろ)のとこだけ日焼けしてたりします(笑)

猛暑でも涼しく着物を着ております。本日の着物は、絹紅梅(きぬこうばい)の浴衣です。細い絹糸の間に一定間隔で太い綿糸を格子状に織り込んだ生地のことです。一般に、お出掛け浴衣、高級浴衣と呼ばれています。細い絹糸や、織り目が詰まっていないことから軽くてとても涼しく、見た目も透け感があり涼しげです。

きものと舞う きもの

お出掛け浴衣なので、帯はお太鼓、足袋を履くコーディネートでOKです。日中のお出掛けはもちろん、レストランなどでのお食事も問題ありません。襟はアリ、ナシ、どちらでも大丈夫です。今日は襟アリですが、少しでも涼しくしたいので襦袢の袖を省いた”筒袖半襦袢”を着ています。

きものと舞う きもの

羅の八寸名古屋帯、絽の帯揚げ、夏帯締め

きものを舞う きもの水鳥が泳ぐ麻の半襟は、季節の柄と素材で夏ならではです!こんな少しのところにも季節感や涼感をだすことができる着物って、本当におしゃれだし、よくできている衣だと思います。日本人の美意識を感じます!

まだまだ浴衣をきられる季節です!今のうちに浴衣を楽しんでくださいね。

 

こちらもどうぞ。

The following two tabs change content below.
miwako iai

miwako iai

大阪出身八尾市在住。デザイン事務所や広告代理店を経て、今は家業を手伝いながら好きな“きもの”もお仕事にしています。洋服も好きだから、きもの&洋服ライフを楽しむ日々。日本舞踊を15年お稽古したり、伝統芸能にも興味あり。日本の美しさを大切にしていきたいです。